DualFaes.com(代表者ブログ公開中!!)

最強アクセスアップツール"DualFaces.com"の代表者ブログ開始なのです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャベツの千切りについて。

トンカツを食べる為、とあるチェーン店に出向いて来たのです。
こちらのチェーン店は某大手レンタルサービス会社が
フードサービース部門の一環として、経営を行っております。
まぁ、メニューの内容については特筆するべきものは無いのですが、
今や当たり前の、"ご飯、お味噌汁、キャベツは食べ放題"のサービスと
店舗の内装で顧客の満足感を煽っております。
私もその店舗側の思惑通りに、モダンな内装に満足しつつ、
無邪気にご飯、お味噌汁、キャベツの追加をさせて頂きました。
それにしても、これらトンカツ屋のキャベツはどうして、
こんなに美味しいのでしょう。
ドレッシングなど必要無く、お塩だけで大変に美味しく頂きました。
ドレッシングが邪魔になるぐらいなのです。
超極細にカットされているから、口当たりが良くなり、美味しく感じるのでしょうね。
細くすればする程、美味しくなるのでしょうか?
家庭であの細さにキャベツをカットする事が出来れば、
わざわざ店舗まで行く必要も無くなるのですが、
キャベツをあの細さにカット出来る妻、もしくは、母?は
滅多に居ないでしょうね。

となると、私は妻や母?の手切りキャベツよりも
トンカツ店舗の機械切りキャベツの方を上手いと感じているのです。
巷では、"手作り=高級で上手い"と言う風潮が有る中、
機械で極細にカットされた無骨なキャベツの方が、
実は美味しく感じるという事なのです。
自宅で出されるキャベツのつけあわせは決してお代わりしない御仁でも、
トンカツ店舗ではお代わりをした経験が有るのでは?(私だけでは無い筈…。)

そうなると、機械を使用して製造した方が美味しく成る食材も、
多々有るのかもしれないのですな。
例えば"コシが命のうどん"なんざ、機械で何百トンの圧力かけて麺打ちをすれば、
仰天するぐらいのコシが生まれるのでは??
などと、お馬鹿な空想をしつつ、ご飯、お味噌汁2杯、
キャベツのお代わり3回で、無事に夕食を終えたのでした。
キャベツの事ばかり書いてしまいましたが、
主役のトンカツも美味しかったですよ!ダ○キンさん!!


Smatch!住まいの相談室






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dfsa.blog6.fc2.com/tb.php/10-5d8cd3e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。